30代未経験からのお仕事探しNavi

転職がうまくいくコツを大公開

サイトをご覧の方々へ

サイトをご覧の方々へ

当サイトは30代の女性が未経験の分野に転職することを応援しています。当サイトの管理人も30代の女性であり、転職で苦労したことがありました。その経験を活かして同じような状況の人の助けになればと当サイトを運営しています。なお当サイト管理人へのご意見やご要望などはこちらまでお寄せください。

30代の転職事情とは

転職は意外と難しくない

30代でも転職できる

転職は意外と難しくない

日本は欧米に比べて人材の流動性が低く、特に年齢が上がれば上がるほど転職のしづらい社会だと一般的には思われています。事実35歳以上で転職経験のない方に話を伺えばその会社のエース級の人材であったとしても自分はよその会社では通用しないだろうと思われている方が大勢います。このように多くの方が思われるのもある意味では当然のことであり、それと言うのも長らく終身雇用と年功序列制度を守ってきた日本企業は純血主義にはまっているところが多く、社内で独自の文化や業務スタイルを築いている為に他の会社でも通用する汎用的なスキルを身につけづらい環境にあるからです。特に女性の場合は男性以上にそのような傾向が強くなります。
ただ上記のような背景はあるとしても、一企業で長年勤め続けてきた30代以上の中高年の方が本当に転職できないわけではありません。むしろ多くの方が思っている以上に30代以上の転職は容易なのです。なぜなら欧米の場合ですと職能というものが重視され、若いか年配かにかかわらず業務に必要なスキルを身につけていない人材は採用候補として見なされません。しかし日本企業はそのような職能的な考え方が薄く、社会人としての基礎スキルや年齢相応のマネジメントスキルがあれば構わないという考え方がベースにある職場が多いのです。つまり日本企業で長く働いても汎用的な職能スキルが身につくことは稀ですが、それが転職市場で求められているわけではないということです。そして閉鎖的な村社会の中であっても、社会人としての基礎スキルや年相応のマネジメント能力は身につけることが可能です。

狙い目は中小企業や新興企業

ただそうは言っても30代の人間がどのような企業にだって転職できるという訳ではありません。そもそもミドルエッジの人材を募集していない企業も多いのです。特に大企業ほどこの傾向が顕著と言えるでしょう。そのため30代以上の方が転職の際に狙うべきは中小企業や新興企業など、年配の方の募集も積極的に行っているところになります。
まず中小企業の場合、大手企業に比べてシステムに依存しておらず融通が利き優秀な人材であれば30代以上でも受け入れやすいという理由があります。また新興企業の場合はその企業が属する業界全体が伸びている場合も多く、採用シーンで競合企業とバッティングしてしまい苦労しているところが多いので採用に積極的なのです。また得てしてそういう企業は社内にマネジメント能力を持った人材が不足している場合が多い為、マネジメント能力が20代の人材よりも高い可能性が大きい30代以上の人材は高評価の対象となることがあります。
こうしたところを上手く狙えば、30代の方でも未経験の業界に転職は可能と言えるでしょう。