30代未経験からのお仕事探しNavi

サイトをご覧の方々へ

サイトをご覧の方々へ

当サイトは30代の女性が未経験の分野に転職することを応援しています。当サイトの管理人も30代の女性であり、転職で苦労したことがありました。その経験を活かして同じような状況の人の助けになればと当サイトを運営しています。なお当サイト管理人へのご意見やご要望などはこちらまでお寄せください。

Webサービスにはない強み

地域密着情報が欲しいなら求人誌

求人誌の魅力

地域密着情報が欲しいなら求人誌

最近は転職活動のための仕事探しにもまずはインターネットを活用して求人サイトで探したり転職エージェントを利用する方が増えましたが、その他に地域の求人誌を活用するのもおすすめです。地域の求人誌はフリーペーパーの場合が多いため求人情報を無料で手に入れることができます。また本屋やコンビニ、スーパーなどで配布しているのでインターネットが使える環境にない場合でも求人情報を得ることができるというメリットもあります。事情があってスマホやパソコンが使えない場合はとても助かると言えるでしょう。
また基本的に求人誌は広告ビジネスであり、掲載企業はお金を払って求人誌の掲載枠を買って求人広告を載せているので、採用に対して意欲的であり内定を出してくれる可能性が高い傾向にあります。そんな求人誌の魅力をより掘り下げていってみましょう。

地域密着の強み

まず求人誌は紙媒体であることから日本中、極端に言えば世界中からアクセスできるインターネットの求人情報と異なり、配布エリアが地域に限定されます。その分掲載されている求人情報が限られているのですが、逆に言えばもう働きたい地域が決まっている方にとっては凄く使い勝手のいい媒体と言えるでしょう。インターネットで求人情報を探しますと、自分の住まいから通えないけれども給与や仕事内容は凄く魅力的という求人もよくあります。そこで仕事に合わせて引っ越しができればいいですが、子育てなど家庭の事情があればなかなかそうはいきません。自分の中に余計な未練が残るだけになります。
しかし求人誌の場合は掲載求人の募集地域が明確に絞られていますのでそのような問題は起こりません。自分の住まいの近くの配布場所にある求人誌を見つけてその中から選べば良いのです。

常に最新情報に更新されている

またもう1つ紙媒体であるメリットがあり、最新号が配布されるごとに常に求人情報が最新のものに更新されるということです。インターネット上にある求人情報の場合、掲載費用がかからないものに関しては、積極的に人を採用しているわけではないけれども一応募集を出しているというものが紛れていることがあります。こうした求人情報も参考としては役に立つかもしれませんが、本当に転職先を探している時の転職候補先としては役に立ちません。
その点求人誌は、企業側が最新号に求人情報を掲載するためにその都度広告費を支払わなければならない為、本当に強い採用意欲がある企業のみ求人を出しています。