30代未経験からのお仕事探しNavi

サイトをご覧の方々へ

サイトをご覧の方々へ

当サイトは30代の女性が未経験の分野に転職することを応援しています。当サイトの管理人も30代の女性であり、転職で苦労したことがありました。その経験を活かして同じような状況の人の助けになればと当サイトを運営しています。なお当サイト管理人へのご意見やご要望などはこちらまでお寄せください。

アピールすべきポイント

即戦力として使えるスキルをPR

大事なことは「即戦力」

即戦力として使えるスキルをPR

新卒で採用された企業に長く勤めていて30代になって初めて転職活動を行おうという場合、新卒採用の頃とは自分に求められるものが根本的に変わっているのでそのことはきちんと意識をしておきましょう。30代の転職者には募集企業側から即戦力として活躍することを求められており、その事を意識して書類選考や面接に臨まなければいけません。どんなに優秀な人であってもこの点を履き違えてしまうと転職活動が上手くいかなくなってしまいます。
10代や20代頭の新卒採用者や、第二新卒と言われる20代中頃くらいまでの年齢の場合は企業もポテンシャル採用を意識しており、業務に必要な知識や社会人としての成熟度合いは特に求めていません。地頭や基本的なコミュニケーション能力は優れている方が良いですが、それ以外は素直さや真面目さなどの吸収力に関する事柄が重視されます。まだまだ若く体力もありますし、採用後に育てる時間的な余裕もあるからです。
しかし30代の転職者の場合、企業側に育てていく時間的な余裕がありません。もちろん会社ごとに異なる業務の方法論もあるので、そうしたことは採用後に身につけて貰えば良いのですが、基本的には即戦力として活躍してもらわなければならないのです。30代の方が10代20代の若い方より給与も多く払わねばならず、コストがかかるという問題もあります。

社会人としての基本スキル

では即戦力として通じる人材であると相手に感じてもらうためにどうすれば良いかなのですが、まず社会人としての基礎的なスキルはきちんと身につけていることをアピールしましょう。敬語の使い方や電話やメールのやり取りの仕方、報告連絡相談などのビジネスマナーです。こうしたことは新卒採用されたばかりの方であれば出来ていないところがあっても周囲は教えてあげられますが、30代になってもこうした基本ができていない方に教えるのは骨が折れます。また明らかに新卒という風貌の方がお客様に対してビジネスマナーが出来ていない対応をしてしまったとしても許してもらえますが、30代の方が基本的なビジネスマナーが出来ていない場合は会社の評判に関わります。

マネジメント能力もアピール

30代の場合、基本的なビジネスマナーは出来て当然でありそれだけでは採用の決め手にはなりません。もう1つ相手にアピールするべきポイントがあり、それは年齢相当のマネジメント能力です。企業側も30代の人間には職場で中心的な役割を果たし、年下への指導役としての役割を期待しています。自分の仕事を全うするのが当然のことであり、どれだけ周囲の助けとなれる人物かも見られているのです。